薬効を連想させる名称で親しみやすく たこの吸出し

 化膿性皮膚疾患に対し、薬効成分である硫酸銅の腐蝕作用とサリチル酸の角質軟化作用によってはれものの口を開き、膿を排出するという“吸出し青膏”の薬効をダイレクトに連想させる名称が特長的な「たこの吸出し」は大正2年、発売元の町田製薬の前身となる薬局および製造業・町田可陽堂と同時に誕生した。

 

シリーズ:新たな評価を得るニッポンの家庭薬

町田製薬「たこの吸出し」

 

 当時を記録した資料によると、創業者の町田新之助氏が開業医の書生として奉公するかたわら、「患者の中に(特に女性)おでき等の『はれものを切開せずに治したい』という強い希望者が沢山いたため、何とか切らずに膿を排膿する方法はないかと考え『たこの吸出し』の誕生に至った」とある。

 

 東京都北区に起こされた町田可陽堂は、大正12年の関東大震災で工場ともに全焼するという苦境に陥る。

 しかし、翌年には神田山本町へ転居して製造販売を再開。

 この間の経営的な痛手は相当だったが、さらに大正15年に現在の品川区大井金小町に転居後、負債の完済に至るとともに総代理店を持ち、たこの吸出しの全国発売に乗り出す。

昭和21年当時のパッケージデザイン
昭和21年当時のパッケージデザイン

 昭和に入って本格的な普及を遂げた裏には、「全国各地の祭りなどにユニークなたこのお面を送った」ことがきっかけ。

 現在の知名度に繋がるキャラクター展開の走りだ。

 

 震災復興に加え、戦後にも工場再建と製剤・販売面の再整備の努力があった。

 また、その後の環境変化において「水銀軟膏」「ホウ酸軟膏」といった町田製薬の主力製品が旧厚生省の指導で製造販売が中止される憂き目にあったものの、たこの吸出しについては一般薬としての根強い支持、流通各方面の協力によって伝統薬としての存在が今に伝えられている。

 

薬局新聞 2016年5月25日付