【薬局レポート】仁生堂薬局総合店(東京都江東区)

東京の下町で40年の実績を積み重ねる仁生堂薬局の支店・総合店は今春、品揃えを半減して相談スペースを拡充するという大がかりな改装を果たしている。

 医薬品でも始まったネット販売の急速な進展を契機に、「お客にとって店は商品売買だけの場ではない」(永田真路専務)と、リアル店舗として地域に根付く薬局への思い入れを店作りに込めた。

 昨年から取組む馴染み客を対象とした健康セミナーも連動させながら、装いを新たに掲げるコンセプトは“談話室”だ。

 

※こちらは記事の前文です。

 

薬局新聞 2014年8月20日付より

 

記事全文をお読みになりたい方は定期購読をお申込みください。

『薬局新聞』購読のお申込みはこちらから

購読申し込みページへ

 

電子版ご購読を希望の方は富士山マガジンサービスからお申込み頂けます。

電子版ではバックナンバー販売、単号バラ売りも行っています。


※仁生堂薬局の記事は2014年8月20日号です

 

電子版 購読お申込みページへ