OTC医薬品に関する普及啓発イベント

  9月13日と14日の2日間、新宿駅と直結する新宿西口広場イベントスペースにて、OTC医薬品に関する普及啓発イベント『よく知って、正しく使おうOTC医薬品』が開催された。

 OTC医薬品のインターネットでの販売が解禁されたことで、OTC薬を扱うメーカー・団体としてもより一層の適正使用に向けた啓発や情報発信に力を注いでおり、今回のイベントでもさまざまな工夫を凝らした取組みにより、生活者にわかりやすくOTC薬に関する知識の啓発を行った。

 

OTC薬の適正使用に向け理解促進

会場には模擬薬店を設置しOTC薬に関する説明のほか、薬の相談にも対応し薬剤師の活動をアピールした
会場には模擬薬店を設置しOTC薬に関する説明のほか、薬の相談にも対応し薬剤師の活動をアピールした

 

 このイベントは、日本一般用医薬品連合会(日本OTC医薬品協会、全国家庭薬協議会)、東京薬事協会、東京生薬協会、東京都薬剤師会、東京都医薬品登録販売者協会の主催によるもので、今年で第6回目の開催となる。

 開会の挨拶を行った全国家庭薬協議会の柴田仁会長(大幸薬品会長)は、「生活者に一般用医薬品の知識・理解を深めていただき、セルフメディケーションに活用してもらえるようしっかりと取り組んでいきたい」と意気込みを語った。

 

 今回は32社のメーカーが出展し、各ブースで情報提供やサンプリングなどを行った。医薬品に関してはメーカーブースで受け取った引換券を、会場内に設置した店舗販売業の模擬店舗に持っていき薬剤師から正しい使用方法や副作用に関する説明を聞いたうえでサンプルをもらうという仕組みをとっている。

 生活者にOTC薬の相談が薬局・薬剤師から気軽に受けられるということをしっかりと印象付ける意味でも、適切なセルフメディケーションの推進に効果的といえそうだ。

 

 また会場ではクイズラリーも行い、OTC薬の添付文書などでよく目にする「鎮咳」や「去痰」といった漢字の読み方から、薬を服用する適切なタイミングに関してなど、中には難しい問題もあり参加者は頭を悩ませながらも真剣に取り組む姿が散見された。

 

 そのほか、イベントコーナーでは薬学生による正しい薬の飲み方や薬の作用に関する説明、家庭薬の歴史を描いた紙芝居などでイベントを盛り上げたほか、東京薬科大学と協力したセルフメディケーションに関するアンケート調査や、東京都薬剤師会によるお薬相談なども実施。生活者とコミュニケーションをとりながら理解促進を図った。 

 

セルフメディケーション推進に薬剤師の活動をアピール

薬学生による薬の解説
薬学生による薬の解説

 

 この啓発イベントは、医薬品や薬剤師の役割に関する正しい認識を広く浸透させ、国民の保健衛生の維持向上に寄与することを目的としている。

 

 OTC薬の作用や正しい使い方などの知識を普及啓発し、医薬品に起因する健康被害の防止やセルフメディケーションの重要性を広く周知するためには、やはり多くの生活者に向け発信することが重要であり、駅を利用する不特定多数の生活者が往来し約3万人の来場者を見込める今回のようなイベントスペースで行うメリットは大きい。

 実際にイベント開始直後から順調に参加者が増えていき、会場は終日多くの人で賑わっていたのが印象的だ。

 

 セルフメディケーションという言葉を一般的なものとして根付かせ、OTC薬の適正使用を広く啓発するためには、興味のある人だけでなく、普段あまり健康や薬といったことを気にしていない人にもしっかりと届かせることが大切だ。

 

 今回のように、イベントの存在を知らなかった通行人も気軽に立ち寄れて参加することができるという点は、セルフメディケーションや医薬品の適正使用を広く普及するうえで、効果的な取組みと言えるだろう。

 

薬局新聞 2013年9月25日付