一般用医薬品の販売ルール策定作業グループ 第2回会合

 多量購入対策やロゴマーク導入など意見一致 ――

 OTC薬のクチコミやレビューは制限の方向で一致 ――

 

 OTC薬のネット販売におけるルール作りを行っている「一般用医薬品の販売ルール策定作業グループ」は第2回会合を開催した。

 この日の会合では、乱用・頻回使用の恐れのある成分には販売数量規制を省令で定めることや、ネットサイトにおけるOTC薬のいわゆる口コミ・レビューを禁止することなどで一定のコンセンサスが得られた。

 また利用者が視認できるロゴマークの導入に関しても前向きな意見が示されるなど、朧気ながらネット販売におけるルールが固まりつつある。

 

 その反面、日本医師会と楽天の代表者が言葉尻を掴んで“罵り合い”が展開されるなど、依然として前回検討会から続く火種は燻り続けている一幕もあった。

 

※こちらは記事の前文です。

 

薬局新聞 2013年9月11日付より

当サイトで掲載しているのは全記事の一部分です。

 

記事の全文をお読みになりたい方は定期購読をお申し込みください。

 

『薬局新聞』購読のお申込みはこちらから

薬局新聞 購読申し込みページへ

 

電子版ご購読を希望の方は富士山マガジンサービスからお申込み頂けます。

電子版ではバックナンバー購入、一記事単位のバラ購入もできます。

電子版購読お申込みページへ