シンリョウ「けんだくボトル」

 医療用消耗品の製造・販売を行うシンリョウの「けんだくボトル」は、錠剤やカプセル剤を飲み込むことができない嚥下困難な患者に対し、懸濁させて飲ませることに特化した専用容器。

 簡易懸濁法の進展に対応して3年前に発売以来、『懸濁するための入れ物がそのまま患者に投薬できる容器になる』という機能性が医療現場から評価され、入院患者が退院後に自宅療養のために薬局でボトルを購入するなど、患者からも人気を博す形で拡大している。

 

 現在までに1640件以上の医療施設で採用され、昨年には注入の際に薬液が見えやすいよう透明なキャップに切替えたり、本体を柔らかくして握りやすく抽出しやすくするといったように、現場の声をもとに改良を重ねている。

 

薬局新聞 2013年6月26日付