日本薬学会133年会開催

 基礎と臨床を融合させた新たな薬学の発展に意欲。

 日本薬学会133年会が開催された。

 日本薬学会は3月27~30日にパシフィコ横浜で開催した第133年会に際し、日本薬剤師会、日本病院薬剤師会に呼びかけて『オール薬学キックオフ』と題するシンポジウムを行い、これを機に医療現場と薬学の強固な連携に取り組む方針を打ち出した。医療と創薬技術の高度化や、高齢社会などの社会環境に伴う薬学・薬剤師に対する要求の高まりを受け、従来以上に基礎と臨床を融合した研究・研鑽の促進が重要との認識に基づくもので、薬学会として現場と密接に連携した形での薬剤師の生涯研鑽の実現に働きかけていくとしている。

 

薬局新聞 2013年4月10日付